亜鉛めっきの特性
1.耐久性
溶融亜鉛めっきは、純亜鉛層の緻密な保護膜と、鉄素地に対する電気化学的な犠牲防食作用によって、抜群の防錆効果を発揮します。大気、海水、土壌などの厳しい環境条件から鉄を守り、製品寿命を大きく伸ばします。
鉄素地保護のしくみ

[亜鉛めっき]
亜鉛は鉄よりもイオン化する傾向が大きいので、亜鉛皮膜が傷付いて敗れても亜鉛が溶解して鉄素地を保護し、さびを防ぎます。

[塗装皮膜]
塗装皮膜は、鉄を酸素と水から遮断する働きがありませんので、皮膜がやぶられるとたちまち腐食が始まります。
2.経済性
溶融亜鉛めっきは、長い年月にわたって防錆効果が持続しますから、長期的にみれば、塗り替えが必要な塗装などの表面処理方法と比べてはるかに経済的です。

(注) 塗装例1 鉛系さび止め塗装2層
        フェノール系塗装1層
         塩化ゴム系塗装2層
   塗装例2 鉛系さび止め塗装1層
        フタル酸樹脂塗装2層
(亜鉛めっき鋼構造物研究会パンフレット4より)
3.密着性
溶融亜鉛めっきは、鉄素地と亜鉛がお互いに反応して緻密で厚い合金層を形成し、鉄に強固に密着します。さらに純亜鉛層の皮膜で鉄を守るため、衝撃や摩擦にも強く、剥離する心配がありません。
4.均一性
溶融亜鉛めっきは、めっき槽に浸漬してめっきしますから、構造が複雑なタンク内面やパイプなど目に見えない部分、手の届かない部分でも、すみからすみまで均一めっきできます。