生産工程


脱脂 油や塗料などの油脂類が付着していると、次の酸洗処理を妨害するので、加温した苛性ソーダ水溶液に浸漬して除去します。
酸洗 鉄のさびやスケールは鉄と亜鉛の合金反応の障害となるので、薄い塩酸水に浸漬して除去します。酸洗オーバーを防ぐため酸洗制御剤を添加しておきます。
フラックス処理 酸洗後の防錆と鉄と亜鉛の合金反応を促進させるため、加熱した塩化亜鉛アンモン水溶液(フラックス)に浸漬して素材表面にフラックス皮膜を形成させます。
めっき めっき素材を治具にセットし、溶融した亜鉛浴に浸漬してめっき皮膜を形成させます。鋼材の材質や形状寸法によって最適のめっき条件を選択し、高品質のめっき製品を生みます。
試験・検査 製品はJISに規定されている外観、付着量、硫酸銅試験回数および密着性について試験・検査を行い品質の保証をしております。
仕上 外観品質基準によりめっき表面の仕上げを行ないます。
化成処理 ご要望により白さび防止のための、化成処理を行っています。